先日、唐突にお寿司が食べたくなったので、近所の回転寿司に行ってきました。

基本的に魚って好きじゃない、と言うか苦手なほうなのですが、たまに苦手な物でも食べたくなる時ってありますよね。

それで回転寿司のエンガワを食べてる時に思ったんですけど、エンガワってヒレ付近の部位のことですけど、これ何の魚なんでしょうか。

気になったので帰ってから調べてみたんですが、安価な回転寿司の場合、カラスガレイという種類のカレイや、オヒョウとかいう代替魚が使われてるそうです。

やっぱり回転寿司だと、コスト下げる為に代用品を使うのはよくあるんですね。

お寿司と言ったらマグロの印象がありますけど、これもアカマンボウと言う代替魚を使ってるそうです。

個人的に魚の中では比較的鮭が好きなほうなので、サーモンも食べたりするんですが、これも鮭ではなくニジマスなんだとか。

でもよくよく考えると、鮭には寄生虫だっているので、生で食べるお寿司では、安全面の点でも鮭を代替魚で済ますのは仕方のないことかもしれませんね。

お寿司って昔から日本で食べられてきたものですけど、現代では回転寿司を除外するとお高い食べ物って印象がありますし、安く提供しようと思ったら、やっぱり代替魚とは切っても切れないものなのかもしれませんね。

横浜でパスタを食べるなら
洋麺蔵 じゃぱすた 相模大野店

未分類